クレジットカードの現金化の詐欺事例が知りたい

クレジットカード現金化にまつわる詐欺事件に関して調べてみた

クレジットカード現金化詐欺被害の実態

クレジットカードのショッピング枠現金化の方法をご存知でしょうか。
クレジットカードで商品を購入し、現金化業者に商品を買い取ってもらうことによって現金化を実現するという方法。
手数料として商品代金の20%〜30%を差し引き、利益としています。

クレジットカード現金化業者は増え続けており、優良な業者もあります。
しかし、中には悪質な業者もあり、詐欺などの犯罪行為を行う業者もあるのです。
業者の手口や詐欺被害の実態、悪質な業者であると判断するための方法を紹介します。
クレジットカード現金化業者を利用する前に抑えておき、犯罪被害に遭わないようにしましょう。

▼ 目次

現金を手にすることが出来ないケースも

店舗型の現金化業者であれば、その場で現金を手渡されることが多いです。
しかし、インターネットサービスの場合、現金が振り込まれないという詐欺被害に遭う可能性があります。
通常のクレジットカード現金化と同様、指定の商品を購入したのにも関わらず、現金が振り込まれないというケースがあります。
当然、記載されている電話番号には繋がらないのです。

振り込みまでの時間を売り文句としている様な業者である場合、申し込む方は一刻も早く現金が欲しいという方です。
しっかりと業者のリサーチをせずに申し込んでしまう場合が多いでしょう。
申し込みの際には、記載されている電話番号が使用されているものかどうか、電話をかけて確認をします。
また、代表者の情報や個人情報の取り扱いに関する記載があるかという点もチェックをしましょう。

手続きのステップを確認しよう

クレジットカード現金化業者の中で優良な現金化業者は、カードの不正利用防止のため「本人確認書類」「クレジットカードの名義人情報」を行います。
利用申込者が他人のクレジットカードを使用しないようにするためです。
しかし、悪質な現金化業者はインターネット上でクレジットカードの情報や個人情報を入力するだけで手続き完了とする傾向があります。
しっかりと身分証明書を確認しているかどうかという点も、詐欺被害に遭わないためにチェックすべきポイントなのです。

様々な詐欺被害に遭う

詐欺にも様々な種類があります。
クレジットカード現金化をお勧めしないという内容の話から、審査に通りやすい消費者金融への仲介役をかってでるタイプの詐欺被害もあります。
これは、仲介手数料を請求されたり、仲介役の仲間である闇金を紹介するという詐欺です。

他にも、信用情報を利用した詐欺もあります。
大手の消費者金融やローンを組む際、クレジットカードを作る際に重要となる信用情報。
信用情報に傷が付いていると、消費者金融から借りることやクレジットカード現金化に必要なクレジットカードを作る事も出来ません。
信用情報を変えることが出来るといった内容を持ちかけ、手数料を請求する詐欺被害なども発生しています。

また、クレジットカード現金化は問題なく行われた後も注意が必要です。
現金として送金した分を、別の指定口座へ送金することでショッピング枠が増額、さらに現金化が出来る金額も増えるといった話を持ちかけます。

複数の組織が関わっている

これらの詐欺では、沢山の詐欺グループが連携し、途中までは各手続きが進んでいるかの様に演じます。
しかし、最終的にはそれぞれの業者の存在が消えてしまいます。
被害を訴えるにしても、何処を訴えるのかという点も明白ではなくなってしまうのです。
クレジットカード会社との関わりを臭わせ、ショッピング枠の増額や、信用情報の変更などが出来ると持ちかけます。
クレジットカードの現金化は、クレジット会社が運営に関わっているものではありません。
この様な詐欺被害に遭わないためにも、信用情報を変える、ショッピング枠増額など、基本的に業者が行えることではない内容をしっかりと理解しておきましょう。

クレジットカード情報を利用した詐欺被害

クレジットカードは、カード番号、セキュリティコード、有効期限を知っていることで、使用出来てしまう可能性が高いのです。
クレジットカードのコピーや撮影した写真を送るような指示があった場合は、送らないようにしましょう。
クレジットカード現金化にあたって、クレジットカードの両面コピーは必要ありません。
送ってしまえば、クレジットカードを不正利用されてしまう可能性が高いです。
優良なクレジットカード現金化業者でサービスを利用する場合、必要となるのはクレジットカードの名義人部分のみです。
商品の購入などの決済は利用者が行うため、現金化業者は不正利用では無いことだけを確認するにとどまります。

詐欺被害に遭わないために

現金化で詐欺被害に遭わないためには、まず正しい知識を持っておくことが大切です。
不用意にクレジットカード情報を教えないことや、業者からの誘いに乗らない事。
この様に、基本的な知識と冷静な判断さえ出来れば、詐欺被害を防ぐことが出来るのです。
クレジットカード現金化に関しての口コミなどいくつかのサイトを調べ、知識を増やすことが大切です。