クレジットカード現金化で悪質業者の見分け方

クレジットカード現金化にまつわる詐欺事件に関して調べてみた
Home » 詐欺事例 » クレジットカード現金化で悪質業者の見分け方

クレジットカード現金化で悪質業者の見分け方

詐欺事例

インターネット上に沢山存在する口コミサイトで高評価を得ている業者や、ランキングサイトで上位となっている業者であっても、実際に利用してみなければ分からないという事もあります。
クレジットカード現金化業者は、様々な謳い文句で宣伝を行っています。
換金方法や還元率などはそれぞれの業者で異なりますが、「優良業者である」とされている悪質業者に注意をしなければなりません。
悪質業者には、いくつかの特徴があるのです。
その中で、最も確認がしやすい部分を紹介します。

クレジットカード現金化業者の換金方法には、いくつかの種類があります。
その方法の1つが、クレジットカードのショッピング枠で業者指定の商品を購入させ、その商品を業者が買い取り現金を渡すという方法。
この買い取りという業務に関しては、古物商の免許が必要です。
古物営業法に基づき、古物商として営業をするための許可番号を、営業をする際に記載しなければなりません。
クレジットカード現金化業者では、ホームページなどで許可番号を記載していないケースが多いのです。
法律に違反している業者は、優良業者であるとはいえないでしょう。

見分ける際の参考として、現金化までの手続きが簡単である場合にも注意が必要です。
本人確認書類の提出もなく、クレジットカード現金化を受ける業者は優良な業者である可能性は低いでしょう。
利用者の中にも、悪質な利用者がいるのです。
盗んだクレジットカードなどを使用する可能性もあります。
そのためにも、本人確認は必要となります。

インターネット上で手続きを行うことが出来る業者は、実態が明らかではありません。
店舗型であれば、悪質かどうかは別途判断するとして実態があることは明らかです。
悪質な業者であるかどうかを見分けるためには、店舗型の現金化業者が良いともいえます。
現金化を行う人間の対応を見る事も出来るため、悪質業者であるかどうかも見分けやすいのではないでしょうか。