クレジットカード現金化で詐欺被害にあったら

クレジットカード現金化にまつわる詐欺事件に関して調べてみた
Home » 詐欺事例 » クレジットカード現金化で詐欺被害にあったら

クレジットカード現金化で詐欺被害にあったら

詐欺事例

通常のクレジットカード現金化では、業者指定の商品を購入し、その代金を現金で受け取ります。
悪質なクレジットカード現金化業者を利用してしまった場合、起こり得るトラブルの1つが「現金が支払われない」といった詐欺被害です。
被害にあったら、どの様に対応すれば良いのでしょうか。

クレジットカードを使用して決済した場合、通常は業者側へ商品代金が支払われます。
しかし、商品を購入したのにも関わらず現金が支払われなかった場合、クレジットカード会社に申し出ることによって業者側への支払いを停止させることが出来るのです。

停止させるための条件は、「商品(現金化では現金)の引渡しがない」「提示商品と引き渡された商品が異なる・商品に不具合がある」「商品の引渡しが遅れたことが理由となり購入の目的を果たすことが出来なかった」「商品販売条件であるサービスの提供がない」といったものです。
しかし、決済金額が総額で4万円未満(リボ払いは3万8,000円)の場合は適応されません。

クレジットカードの現金化は、該当せずとも無効になる場合もあります。
ただし、クレジットカード会社に停止措置を申請するためには、すべての事情を説明する必要があるのです。
そのため、カード停止、退会処分、これまで使用した金額分の一括請求などの対応を取られる可能性が非常に高いでしょう。
被害金額にもよりますが、被害にあったら泣き寝入りをする被害者が多い理由も納得が出来るはずです。
詐欺を働くような現金化業者が無くなるよう、優良なクレジットカード現金化業者を選んで利用することが得策です。

この様に、クレジットカードの現金化にはリスクが付いて回るということを理解しておきましょう。
被害にあったら、カード会社へ不正利用を申し出ることで、トラブルを解決出来る可能性はあります。
しかし、現金化を行ったことが知られてしまうという別のリスクが伴う事を、しっかりと理解しておく必要もあるでしょう。