クレジットカード現金化を行う際の注意点

クレジットカード現金化にまつわる詐欺事件に関して調べてみた
Home » 詐欺事例 » クレジットカード現金化を行う際の注意点

クレジットカード現金化を行う際の注意点

詐欺事例

クレジットカードを現金化する際には、現金化専門業者を利用する方法と自分で行う方法があります。
どちちらも同様に、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入するという所から始まります。
しかし、業者を通さない場合は購入する商品選びから買い取り業者選びまで、すべて自分で行わなければならないということが注意点です。

まずは商品選びが重要となります。
買い取ってもらうことが出来る商品であることは勿論、買い取り価格の高い商品を選ぶ必要があるのです。
買い取り価格が高いものの代表はブランド品、ギフト券などを含めた金券、ゲームなど。
新幹線の回数券であれば、換金率が95%以上になる場合もあるため、現金化業者を利用するよりもお得な場合があるのです。
購入するのであれば、東京や名古屋などの大きな駅間を結ぶ回数券が良いでしょう。
指定席よりも自由席の方が購入したいと考える人が多いため、買い取り価格も高くなる場合があります。

新幹線の回数券の現金化については注意点もあります。
自分が住んでいる地域とはかけ離れた場所の回数券を続けて購入していると、カード会社から不審な利用であると認識される場合があるのです。
新幹線の回数券は、現金化に利用されるケースが多いためカード会社も目を光らせている商品です。
購入の際には、ブランド品やゲームよりも注意が必要です。

ブランド品などは、商品によっては買取価格が購入価格を上回る場合もあります。
トレンドに注目し、限定の商品などを手に入れることが出来るのであれば、クレジットカードの現金化におすすめの商品です。

自分でクレジットカードの現金化を行う場合には、転売方式のみで行うこととなります。
しかし、転売目的で商品を購入すること自体に問題があり、購入にクレジットカードを使用するという事はカード会社の規約違反となるのです。
自分でクレジットカード現金化を行う際の注意点は、購入のタイミング。
続けて回数券などを大量購入することは避けましょう。